is_home: is_front_page: » 在校生メッセージ在校生メッセージ|圧倒的な実習量! | 大阪健康ほいく専門学校

授業に実習、ボランティア活動など、いろんな角度からこどもたちのことを学べる!
充実のスクールライフを過ごす先輩たちに“大切な時間”を聞きました。

一緒にいられる時間は宝物
子供の可能性を広げてあげたい。

学校生活で一番好きな時間は、やっぱりこどもたちと接しているとき。 実習時間の多さで大阪健康ほいくを選びましたが、実際は想像以上! 朝やお昼休み、放課後にもすこやか認定こども園で、こどもたちと会える夢みたいな環境です。 最初はこどもの気ままなところや涙にオロオロしていたけど、今はもう大丈夫。この子は夕方はぐずりがちだとか、 この声かけなら注目してくれるなどがわかってきたから。 このぶんなら理想の「笑顔でこどもを安心させてあげられる先生」になれる日も近いかな♪

吉留 ゆりあさん 大阪府立八尾北高等学校出身

にっこり笑顔にしあわせと
元気をもらっています。

絵本と一緒にごきげんにお歌をうたうとき、外あそびで僕が逃げると一生懸命ついてきてくれるとき…。 こどもたちと接していると「くぅ~、かわいい!」としあわせになれる瞬間がいっぱい。 一方で、実習で自分の力不足を痛感したり、叱られた子が下を向いてしょんぼりしている姿を見て一緒に悲しくなったりと辛いことも多い。 でも、先生である僕がへこんでいたらだめですよね。 だからすぐに気持ちを切り替えて、 いつも笑顔で安心させてあげられるよう心がけています。

松山 拓馬さん 大阪府立成美高等学校出身

得意なピアノのほかにも、
こどもを楽しませるスキルを
たくさん身に付けたい。

ピアノは5歳から続けていましたが、保育の場では鍵盤を見ずに大きな声で歌いながら弾かなければならないことに苦戦。最初は歌うことに恥ずかしさもあったけど、こどもたちの元気でパワフルな歌声を聴いたら、恥ずかしがってなんかいられなくなって、負けずに歌えるようになりました。実習を通して、こうしたこどもたちの真っすぐさに気づかされることがたくさんあります。毎日、教室を音楽でいっぱいにして、こどもたちの「音楽が好き」という気持ちを育んでいきたいです。

山中 優芽さん 大阪府立東百舌鳥高等学校出身

実習日誌に書かれた先生の
アドバイスで成長できました。

実習は大好きだけど、実習日誌は苦手だった私。 提出した日誌が先生の朱書きで真っ赤になって返ってきたことも。 でも、先生のアドバイスや自分なりの気づきを次の実習に生かすようにしたことで、 少しずつ成長できているように思います 。最近は日誌の朱書きもずいぶん減ってきたんですよ(笑)。 日誌を書く時間は気が重かったけど、今は私の大切なひとときのひとつ。 こどもにもらった絵を部屋に飾って励みにしながら書き上げています。

戸石 真由さん 大阪府立信太高等学校出身

こどもたちの大歓声に包まれ、
最高のクリスマスに!

クリスマスにこどもたちの前で踊ったダンスは、学校生活で一番の思い出。 私はダンスを考えて教える担当だったのですが、時間が足りず休み時間も使って全員で必死にがんばりました。 組体操のピラミッドでツリーを作るクライマックスの演出は、練習では失敗続きだったけど本番では大成功! 頂上で私がライトを灯した瞬間、こどもたちから大歓声があがり最高にうれしかったです。 こどもたちをよろこばせることができたのはもちろん、 仲間とやり遂げられた経験は私の宝物になりました。

山田 麻美さん 大阪府立堺上高等学校出身

英語劇の主役を熱演!
人生に大切なことを教わった。

最初は乗り気じゃなかったクリスマスイベントが、今ではこころに残る大切な思い出に。 『トナカイとステラ』という話の英語劇で主役の女の子を演じたのですが、 練習中は女装がイヤでイヤで(笑)。 でも衣装や大道具などを大勢の仲間と一生懸命準備するうちに、イヤなんて言っていられないなって腹をくくりました。 舞台では緊張して頭が真っ白になったけど、集中して楽しんでくれるこどもたちの姿に感動! 何にでも前向きに取り組むことの大切さを教わりました。

福富 裕夢さん 大阪技能専門学校出身