MENU
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
入学総合案内0120-373-393

“こどもを理解する力”とは

こどもを理解する力=就職後もプロになっても必要な力

保育の現場には、こどもたちの表情や言動から、何を求めているのかを理解することが必要です。
大阪健康ほいくでは、こどもたちとふれあう時間を多く設け、学生一人ひとりをステキな先生へと導きます。

  • 保育の現場では「こどもを理解する力」が必須。こどもを理解する力とは、その表情や言動から、「こどもたちが、何を求め、何を実現しようとしているのか、思いや考えなど」を読み取る力のことで、ただ保育に関する知識や技術を磨くだけで身につくのではなく、日々、こどもたちとふれあう中で育まれていくものです。そのため、大阪健康ほいくでは、1年次から「すこやか実習」などを通じて、こどもたちと過ごす時間をより多く設けています。学生一人ひとりがこどもたちに直接ふれることで、信頼関係を築きながら一歩一歩、力を身につけていきます。そして、その繰り返しの毎日から学生たちは、たくさんのこどもたちの成長や笑顔を支えられる先生へと成長していくのです。