is_home: is_front_page: » 私の実習レベルアップ私の実習レベルアップ|圧倒的な実習量! | 大阪健康ほいく専門学校
03

実習スタイル 校内学習・校外学習

どんどん実力がアップする独自の実習システム!

大阪健康ほいくでは、実習を4段階に分けて実施しています。
これらは、確実な実力アップのためにどれも欠かせない項目ばかり。
それらを毎日繰り返せるのが、他校にはない、大阪健康ほいくならではの魅力です。

STEP01 学ぶ・知る

こどもについての幅広い知識を習得。

発達段階や、成長に合わせた遊び方、生活リズムの違いなどを学びます。年齢に応じたできること・できないこと、声のかけ方や話し方を知ることで、より深くこどものことを知ることができます。

  • 学びの中で、「どのようにすれば、こどもたちに伝わるか」を思い浮かべてみましょう。きっと新たな発見があるはず。
  • 「この授業は、なぜ、何のためにやるのか」という目的意識を持って取り組むことで、知識が定着しやすくなります。
STEP02 理解する

授業で学んだことを実感!納得!

実際にこどもたちや保育者の様子を見て、授業で学んだ内容が現場でどのように使われているかを確認。大阪健康ほいくでは、併設のこども園でその日のうちに理解ができるのが魅力です。

  • 自分の目で、保育者やこどもの動きを見て、感じることが大切。自分ならどうするかも考えながら見ることができればベスト!
STEP03 実践する

見てきたことを実際にやってみます。

こどもに関わって、学んで理解してきたことを実践してみます。まねっこが大好きなこどもたちのお手本になれるように、声のかけ方や、立ち位置などを思い出しながら、とにかく積極的に関わることが大切です。

  • 「こどもの立場なら、この状況をどうしてほしいか?」を常に考えることで、保育の“引き出し”が増えていきます。
STEP04 ふり返る

ふり返って考えることで実力アップ!

実践で生まれた課題や反省を、どう改善すればいいか考えます。先生が学生一人ひとりに合ったアドバイスを行うので安心。反省を次に活かし、実践とふり返りを繰り返すことで、本当の実力が付いていきます。

  • ふり返りを行うことで、実践の方法の改善、知識を増やすことなど、自分が今何をするべきかが浮び上がってきます。
Level Up

実習中、授業を思い出して実践!
成長できた喜びを感じました。

授業で「こどもの気持ちに共感する」ということを学んだ直後のこと。実習中、泣いて保育室に戻れなくなったこどもがいました。これまでなら「泣いたらあかんで」と声をかけていたところですが、その授業を思い出して泣いている理由を聞き、遊びを取り入れながら保育室に戻ることができました。学びが活きたことと、こどもの気持ちに寄り添って対応できたことが、とてもうれしかったです!

北谷 実句さん 和歌山県立那賀高等学校出身

先輩Voice

自分で考えるからこそ
本物の実力が身に付きます。

本校では、「学び、理解し、実践し、ふり返る」のサイクルを着実に繰り返し、実力が付けられます。自分で改善点を考える習慣ができ、ベテランの先生はもちろん、こども園の先生方からの指導も受けることができるため、より現場で役立つ力を身に付けることができます。こどもたちが成長していくのと同様、学生のみなさん自身も常に成長できるように、向上心を持って取り組んでください。

塩路 莉永先生