精神保健福祉通信教育科

精神保健福祉通信教育科イメージ
全国トップクラスの国家試験合格率を支える、充実のカリキュラムと、きめ細かな指導。

平成13年より保健、医療、福祉、教育、実社会で有用な人材を輩出してきた、精神保健福祉通信教育科。自宅学習が中心の「通信教育」で、仕事や育児、介護などで通学が困難な方々からも支持されています。短期養成(9ケ月)と一般養成(1年7ケ月)の2コースがあり、国家試験合格率の高さは全国トップクラスです。
高い合格率の秘密は、長年にわたって培ってきた豊富な教育ノウハウにあります。レポートからスクーリング、国家試験対策まで、国家試験合格を見据えたカリキュラム。そして、実践現場での経験豊富な講師陣、卒業生の多くが実習指導にあたる現場実習も大きな強みです。

精神保健福祉通信教育科イメージ

学習計画

履修科目は入学要項P.05をご覧ください。
実習は対象者(実務経験のない方)のみ

在校生メッセージ

仕事や家庭をもちながら、日々勉強に励む在校生たち。精神保健福祉士(PSW)を目指そうと思ったきっかけや、本校を選んだ理由について語ってもらいました。

  • PSWの知識と資格を生かして利用者さまに、より手厚い支援を届けたいです。

    Q1 精神保健福祉士を目指そうと思ったきっかけは?

    現在、高齢者向けデイサービスやサービス付き住宅を運営する会社で勤務しています。よりよい支援に向けた施策を考える中で専門知識を学ぶ必要性を感じ、PSWの資格取得を目指すようになりました。

    Q2 大阪健康ほいく専門学校を選んだ理由は?

    一番の理由は働きながら通えるところ。立地の良さや実習先の候補が多い点に魅力を感じました。学校へ問い合わせをした際、職員の方が親身に対応してくださったこともまたポイントになりました。

    Q3 入学してよかったと思うことは?

    先生との距離が近く、気軽に相談できることが心強いです。実習先での課題や疑問も、先生にアドバイスをもらいながら解決しています。日に日に新しい知識を身につけることができ、毎日が充実しています。

    Q4 後輩に向けてメッセージをお願いします!

    一緒に切磋琢磨できる仲間、しっかりとサポートしてくれる教職員と、ここにはさまざまな出会いが待っています。たくさんのつながりを通して、人としても大きく成長できる環境ですよ。

    高橋 朋子さん

    高橋 朋子さん 18期生(2018年度 一般養成入学)
    パナソニック エイジフリー株式会社 勤務(2019年7月現在)

精神保健福祉士活躍のフィールド&講師対談